Oriental Information System
About 
OISの位置づけ
取引先の割合について
大手A社F社L社OIS
  • 大手システムベンダーで70%前後
  • 他業種ユーザーが20%前後
  • 50名以下の取引先が50%前後
  • 他業種ユーザーが20%前後
  • 大手システムベンダーで70%前後
  • 他業種ユーザーが20%
  • NTT系で30%
  • 大手システムベンダーで40%
  • 他10%
システム開発について

IT業界におけるOISの位置づけをご覧下さい。

※以下では代表的な数タイプを比較例に挙げます。例外には、WEBデザインとサイト構築だけの会社、特定パッケージだけの会社、運用監視オペレータだけの会社などがあります。

一括での請負
【社内への持ち帰り開発】

大手A社F社L社OIS
ハード系
ソフト系
(組込系)
ソフト系
(制御系)
ソフト系
(業務アプリ)
WEBサイト構築、
WEBデザイン
客先常駐での取引先

大手A社F社L社OIS
他業種との直接取引き×
受注している技術分野の割合
大手A社
about_position_p1.gif(4546 byte)
web10% : オープン60% : 汎用30%
F社・L社・OIS
about_position_p2.gif(4617 byte)
web60% : オープン30% : 汎用10%
自社開発について

大手A社F社L社OIS
自社開発に賭けている
CRMなどのパッケージ開発やASPサービスの開発投資コストの比重が高い
自社開発も行っている
ASPサービスなどのWEBサービスを無理のないコストバランスで開発している

運用、基盤、DBなど

運用について

大手A社F社L社OIS
2次請け、3次請けでの支援のみ
システム運用の割合が多い
他業種ユーザーとの取引もある(提案から導入、運用が出来る)
システム運用もあり
大半が監視オペレーターのみ
基盤系について

大手A社F社L社OIS
初期導入段階からの設計、構築を全面的に対応出来る
2次請け、3次請けでの支援のみ
データベースについて

大手A社F社L社OIS
初期導入段階からの設計、構築を全面的に対応出来る
2次請け、3次請けでの支援のみ